ウォーターサーバーを設置することで、安心安全な水を飲むことができますが、実はデメリットもあります。 ウォーターサーバーのデメリットは、大きく分けて3つあります。 ・コストがかかる ・設置スペースが必要 ・賞味期限がある まず、ウォーターサーバーを設置することによって、本来かかる必要のないコストが発生します。 ウォーターサーバーにかかるコストは、電気代やメンテナンス費用、水を購入する費用など、色々な料金が発生するので注意が必要です。 特に電気代の割合が高く、月に1000円くらい電気代がアップするといわれています。 それに、ウォーターサーバーを設置するためのスペースを設けないといけません。 ただ、そこまで大きなものではないので、居住スペースを脅かす心配はありませんが、湿度や直射日光などに注意しないといけないので、設置場所が限られてきます。 また、基本的にボトル二本以上からの宅配となっていることが多いのですが、ウォーターサーバーの水には賞味期限があるため、使う頻度が少ないと損をしてしまう可能性があります。